【スポンサーサイト】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/-- --:-- | スポンサー広告
【個別問題と総合問題。】

こんばんは?。

先週実判の1?3回目の問題が届きました。
通学のペースに合わせて18日から毎週日曜日に問題を解こうと思っていたのですが、理論暗記が間に合わないため(苦笑)翌週の25日から取り組んでいく予定です。
通常の講義も2回分あったので、こちらは今週末に片付けてしまいたいと思います。

さてさて、ここのところ週末に総合問題を解くようにしているのですが、なかなか時間内に解き終えることが出来ません;;
今までの定例試験や現在取り組んでいる計算演習講座の問題もタイムオーバーで終わることがほとんどです…orz
個別問題だとスムーズに解けるのに、総合問題だと上手くいかないという状況に落ち込んだりもしました。
…が、最近平日に個別問題・土日に総合問題と、それぞれの問題を交互に解くようになって両者の違いに気付くことが出来ました。


それは

個別問題→各問題にタイトルがついているので、何について出題されているか分かっている状態で解答している
総合問題→問題文を読むまで何の論点について出題されているのか分からない→何について問われているのか理解し、どの規定を用いて解答しなければいけないのか判断しないといけない

ということです。


気付いてみれば当たり前のことなのですが、今までの自分の勉強方法を改める良い機会になりました。
今までの私の勉強方法は個別問題をただ解くだけで、適用要件を満たしているか判定する、問題文から何について問われているか読み取るといった作業が疎かになっていました。
そのため総合問題になると何について問われているのか理解するまで時間がかかったり、どの規定を適用すれば良いのか迷ってしまったり…問題に対する反応が鈍ければ時間内に解き終えることなんて出来るわけがないんですよね(;´ー`A``
この反省を元に個別問題を解く際に「問題文を良く読み、何について問われているのか理解する→どの規定が適用出来るか考える→適用要件を満たしているかきちんと判定する」と手順を踏んで解答するように心がけました。
そうしたところ適用要件が出てこなかったり、他の規定の適用要件と混同して間違った判断をしたり…と、いかに自分が機械的に問題を解いていたかが分かりました。
これを機会に正しい判定方法を頭に叩き込んで、本試験では自信を持って解答出来るように頑張ります!


最後に、計算演習講座の問題は今週中に一通り解き終わる予定なので、そのうち結果をアップしようと思います。


ではでは、今日はこの辺で(´▽`)ノシ
スポンサーサイト

04/16 22:03 | 2010年 所得税法 | CM:0
template design by takamu
Copyright © 2006 しらたま All Rights Reserved

Graphics by NEO HIMEISM  Icon by 小枝の素材
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。